美味しい日本酒

墨田区押上にある酒処「押上文庫」では、
美味しい日本酒をそのお酒に合った酒器でゆったりと愉しむ、大人の時間をお過ごしいただけます。
ワインの白と赤でグラスを変えれば味わいが変わるように、日本酒も酒器で味わいが変わるものです。

店主が少しずつコレクションしてきた味わい深い酒器の数々。中には、見る人が見ればその価値が分かる名品も。器込みで、お酒を満喫していただきたいと思います。
どうぞ思う存分日本酒をお愉しみください。

お酒

晩酌セット

押上文庫の店内には、中学生の頃から骨董に熱中していた店主が集めた器がずらりと並んでいます。さらに棚に入りきらず、奥に眠っているものも沢山ございます。これらは、眺めるのではなく使ってこそ価値があるものです。名匠達が料理と食べる人のことを考えて作り上げた器の魅力を、美酒とお料理で是非ご堪能ください。

酒器

酒器の違いは美味しさの違い

日本酒の味によって使い分ける酒器。
材質や形によって日本酒の旨味、味、香りが
大きく変化するとも言われています。
美味しいお酒をひと味もふた味も味わい深いものに。
酒器をお酒に合わせることが
本当のお酒の愉しみ方かもしれません。

筒型

若いお酒や酸味のあるお酒に良く合います。
味を引き締め、濃縮されたような旨味に。
透明感や酸味が効果的に感じられます。

椀型

オーソドックスなお酒に合います。
丸い味になり呑みやすく、
また酸味もやわらかに。
香りを豊かに感じることもできます。

平杯

酸味が熟成されたもの、
まろやかになったお酒に合います。
平型なので外に広がりやすく、
角がとれた味わいを感じられます。

信州出身の店主が選ぶ日本酒

器

お刺身

和え物

の1ピース

自家製蒲鉾

食事はテーブルに運ばれてきた瞬間から始まっています。
見た目の美しさ、彩りの良さ。それも美味しいと感じる1ピース。
目に入ってきた瞬間から口に運ぶまで、料理の美味しさを
余すところなくご堪能ください。

舌と目で味わうお料理

新たな発見を押上文庫で

グランドピアノがある当店では
コンサートが開かれたり
義太夫教室が催されたりと、
様々な文化交流を大事にしています。
またお酒と一緒に愉しむ催し物も。
ここ押上文庫から
新たなカルチャーを見つけてみませんか。

催しもののご紹介

押上猫庫

最上部へ