弁天娘女男白波(べんてんむすめ めおの しらなみ)『河竹黙阿弥』

百花園のご案内で石碑が続いておりますのでここいらで墨東ゆかりの狂言作家河竹黙阿弥の作品が歌舞伎座...

続きを見る

其角堂永機(きかくどうえいき)の句碑ほか。(百花園 七)

其角堂永機は七世の其角堂を継ぎ宗匠俳人として人望も厚く全国にも多くの門人がいたそうです。こちらの...

続きを見る

山上憶良(やまのうえのおくら) 秋の七草歌碑。 (百花園 六)

万葉集に多くの歌を残しております山上憶良ですが、秋の七草をうたったものがありますので、のちの人が...

続きを見る

茶筅塚。 (百花園 六)

茶筅とは抹茶を立てるときに使う撹拌する道具のことです。百花園を開いた初代江戸千家の祖となった川上...

続きを見る

松尾芭蕉句碑。(百花園 五)

こんにゃくや さしみも些し うめの花春もやや けしき ととのう 月と梅もちろん芭蕉は百花園は訪れ...

続きを見る