色彩間刈豆 (いろもようちょっとかりまめ)  『かさね』

15世市村羽左衛門、6世尾上梅幸、5世清元延寿太夫筆。(押上文庫蔵)前の記事で五世清元延寿太夫の話...

続きを見る

五世 清元延寿太夫、二世 尾上菊之助(萩原家)

向島の植木屋、萩原家出身で歌舞伎の世界では重要な人物の一人である五世清元延寿太夫がおります。子供...

続きを見る

萩原家旧居跡。

11代将軍徳川家斉公の時代に植木職人として九段の斎藤彦兵衛、三河島の伊藤七郎兵衛、そして向島の萩...

続きを見る

人間万事金世中(にんげんばんじかねのよのなか) 河竹黙阿弥作。

来月五月は前進座が墨東にゆかりのある狂言作家河竹黙阿弥の作品を上演いたしますのでご紹介いたします...

続きを見る

蓮花寺 弐。

本堂こちらにも三つ鱗の紋が見受けられますね。地蔵堂佐助稲荷ほか、新派の名優大矢市次郎の墓百花園を...

続きを見る